• 背景色 
  • 文字サイズ 

10月10日の目の愛護デーについて


 

【提案No.268】 10月20日受付

 

 今年のテーマは「忘れてませんか?目の健診を」でした。

 目の健康を守るため、パソコンやワープロなどを長時間にわたり使用する人は、ディスプレイが目線の下に来るようにすると、眼球の乾燥を軽減できるようです。また、部屋の明るさに合わせて画面の明るさを調整することが必要です。

 目の愛護デーの広報を新聞では見ましたがテレビでは見ることがないので、テレビ広報誌で呼びかけるべきです。

 

 

【回答】 11月4日回答

 

 島根県では、新聞や県庁前の電光掲示板を利用して目の愛護デーについて県民の皆様への啓発を行っています。

 近年、高血圧や糖尿病等の生活習慣病による合併症として目の病気が増えており、定期的に検査が必要な方も増えています。

 この度のご意見も参考にさせていただきながら、目の健康を守る方法を知っていただけるよう、今後も引き続き目の愛護デーの周知・啓発に努めてまいります。

(健康福祉部健康推進課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年11月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025