• 背景色 
  • 文字サイズ 

ドクターヘリの配備について


 

【提案No.262】10月5日受付

 

 島根県は東西に長い上に高速道路が全線開通していない。また高齢化率が高い。なのにドクターヘリが配備されていません。鳥取県には配備されています。最優先に配備して欲しいと思います。幸いにも出雲空港、石見空港、隠岐空港と空港が3つもあります。財政的な事もありますが、県民の命を守ることが急務と思います。具体的な計画を回答ください。

 

 

【回答】11月4日回答

 

 東西に細長く離島や中山間地域を抱え、かつ、医師不足が深刻な島根県では、患者の搬送や医師の移動が短時間でできる点で、医療分野でのヘリコプター活用は効果があります。

 ご指摘のドクターヘリにつきましては、医療情勢が益々厳しくなる中、患者発生現場で医師の迅速な措置による救命率向上を図ったり、広域的な急患搬送に対応したりするため、平成23年度中の運航開始に向けて、現在導入準備を進めています。

(健康福祉部医療政策課)

 

【その後の状況】(2011年8月4日回答)

 

 より迅速な救急医療や適切な高度医療を受診できるよう、今年の6月13日から、島根県立中央病院を基地病院としてドクターヘリの運航を開始しました。

 運航開始からの1か月間の出動回数は、既に45回となっています。

 今後もドクターヘリの運航等により救急医療体制の充実を図っていきます。

(健康福祉部医療政策課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年11月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025