• 背景色 
  • 文字サイズ 

県議会議員の定数削減について


 

【提案No.263】 10月18日受付

 

 国、県、市町村財政は、緊縮財政となっており市町村は合併に合せ、定数削減を実施された。鳥取県議会は3名の定数減を発表されたが、島根県は、国勢調査の結果をまって4年先にとのこと。隣県と比べても余りにも改革の熱意のなさに失望しています。今からでも充分間に合うのではないか。

 

 

【回答】 10月27日回答

 

A.県議会議員の定数削減については、議会として判断されるべきことと考えますので、ご提案の趣旨を議員に伝えます。

 

 都道府県議会の議員の定数については、法律により、人口に応じた上限の規定があり、最も人口の少ない区分である「人口75万人未満の都道府県にあっては、その数が40人」とされており、具体的な議員定数は、その上限の範囲内で条例により定めることとなっております。

 また、基準となる人口は官報で公示された最近の国勢調査人口によることとされており、現在実施されている平成22年の国勢調査結果は、国からの情報によりますと平成23年2月頃に速報値の公示がなされる予定ときいております。

 島根県の議員定数については、平成17年の国勢調査人口742,223人に対し、現在37人であり、法定上限数からは▲3人の状況となっております。

 これは、前回、平成19年の改選時に、市町村合併の影響や本県財政状況の厳しさ、あるいは県民の民意を適切に県政に反映させる県議会の重要な役割等を総合的に勘案し、それまでの39人から2人を削減した結果です。

 なお、今回見直しを実施された鳥取県においては、前回の改選時には定数の見直しが行われておりません。

(県議会事務局議事調査課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年10月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025