• 背景色 
  • 文字サイズ 

子どものワクチン接種への助成について


 

【提案No.233】 9月6日受付

 

 現在、任意接種となっている「ヒブ(Hib)ワクチン」「肺炎球菌ワクチン」の接種費用の助成を行ってほしい。2つのワクチンはあわせると(1歳までに)7回接種しなければならず、病院によるが1回あたり8,000〜10,000円かかります。乳児を細菌性髄膜炎から守れるワクチンだと思います。全額とまでいかなくても半額助成を考えてほしい。各自申請する手続きをとってもいいと思います。

 子宮頸ガンワクチンの助成がはじまったように、赤ちゃんを病気から守ることも必要です。高額なため、受けられない子もいると思います。是非検討をお願いします。

 また経過措置対応で過年1〜2年(ワクチンが承認されてから)分の助成も検討をお願いします。

 

 

【回答】 10月1日回答

 

 インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン、肺炎球菌ワクチンについては、昨年から国の「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会」で、予防接種法の対象となる疾病・ワクチンのあり方について、ワクチンに対する評価等の観点から話し合われており、現在はこれらのワクチンの安全性、有効性、副作用等情報を幅広く収集している段階です。

 県としては、国の検討状況をふまえ、県内市町村の動向や、いろいろな方々の意見を聞きながら、ご提案のワクチンの助成について判断していきたいと考えています。

(健康福祉部薬事衛生課)

 

 

【その後の状況】 (2011年6月22日回答)

 

 ヒブ(Hib)ワクチン、小児肺炎球菌ワクチンについては、現在、国の助成を受け、県内の全市町村において無料接種事業を行っています。対象者や必要な手続は市町村で異なりますので、詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。

 なお、この事業は平成23年度までとなっているため、平成24年度以降についても引き続き助成が可能となるよう国に働きかけています。

(健康福祉部薬事衛生課)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年10月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025