• 背景色 
  • 文字サイズ 

フォトしまねの字の大きさについて


 

【提案No.157】 7月5日受付

 

Q.フォトしまねの中に、字が小さい記事がありました。 

 

 島根県は高齢化率の高い県であるのに、フォトしまねNo179の10頁「ウイルス性肝炎の検査」の記事は、なぜあんなに字が小さいのでしょうか。老眼鏡なしで読める活字の大きさにする必要は感じないのですか。多くの県民に読まれることこそ広報誌として大切なことではないでしょうか。

 

 

【回答】 7月14日回答

 

A.今後は、読みやすさも十分に配慮して「フォトしまね」の制作に心がけてまいります。

 

 いつも県政情報誌「フォトしまね」をご覧いただき、ありがとうございます。

 平成22年6月に発行しました「フォトしまね」No.179号の「ウイルス性肝炎の検査が無料で受けられます」の記事につきましては、活字が小さかったことから、お読みいただくのにご不便をおかけして申し訳ございませんでした。

 「フォトしまね」は、県民の皆様に対し、県政に関する情報をお伝えするために制作しており、県民の皆様に「特に必要な情報をお伝えすること」と、「お読みいただきやすいこと」の2つを主に考慮しながら、誌面を構成しております。

 このたびの「ウイルス性肝炎の検査が無料で受けられます」の記事は、限られた誌面の中で記事の掲載量を優先したことから「お読みいただきやすい」という視点が欠けていたと反省しております。

 今後は、読みやすさも十分に配慮して「フォトしまね」の制作に心がけてまいります。

 なお、島根県のホームページには、過去のバックナンバーも含めて「フォトしまね」の記事を掲載しております。ホームページでは、文字を拡大して見ることが可能ですので、ご案内いたします。

●島根県ホームページ「フォトしまね

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年7月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025