• 背景色 
  • 文字サイズ 

公立病院改革プランについて


 

【提案No.107】6月4日受付

 

Q.公立病院改革プランの早急な評価と公表が必要と考えます。

 

 公立病院改革プランが昨年全国のほとんどの病院で策定されました。島根県の多くの公立病院も医師不足などからその多くが巨額の赤字に苦しむ状況の中、昨年春にはこの改革プランを策定されています。この改革プランがうまく機能しているのかどうか、機能していなければプランの見直しをする必要があり、年に1度以上の評価とその公表が必要とされています。すでに平成21年度がおわり2ヶ月以上が過ぎていますが、県立中央病院、松江市立病院といった地域の基幹病院も含め、この評価の公表がされていないのではないでしょうか。他県では多くの病院でホームページ上にその評価委員会の議事録もふくめ、情報が開示されています。現在の状況を公表しないままでいると「第2の夕張」となってしまう恐れもあるのではと危惧しております。早急な評価とその公表が必要と考えますがいかがでしょうか

 

 

【回答】7月16日回答

〈県内市町村の公立病院の状況について〉

 

 現在、県内市町村の公立病院において、平成21年度決算の確定作業を進められているところですが、公立病院改革プランについても、この決算データなどをもとに今後、評価・公表が行われる予定です。

 病院の現状について、住民が理解しやすいように積極的に情報開示していくことは大変重要であるため、県としましても各病院に対してホームページや広報誌への掲載のほか、院内への掲示や議会への報告などいろいろな方法での公表を積極的に働き掛けていきたいと考えています。

 また、平成21年3月の改革プラン策定後、この1年ほどの間に大量の医師の引き揚げが行われ、急激に経営状況が悪化し、改革プランの評価自体が困難となっている病院もあります。こうした病院については、改革プランの内容を大きく見直す必要もあり、今後は関係市町村とも連携しながら適切な助言を行ってまいりたいと考えています。

(地域振興部市町村課)

 

 

〈県立病院の状況について〉

 

 中央病院とこころの医療センターの県立2病院では、総務省の公立病院改革プランに相当するものとして、平成15年度から、病院運営の基本方針や経営目標などをまとめた4年間の病院事業中期計画を策定し、これに沿って病院運営を行っています。直近では平成21年3月に改定し、病院局ホームページ等で公表しました。

 これまでの健全経営推進の取り組みにより、平成17年度以降、両病院ともに経営目標である「単年度資金収支の黒字化」を各年度着実に達成してきています。

 ご意見のありました平成21年度実績の公表については、島根県議会の決算の認定を経た後、速やかに病院局ホームページ上での公表を予定しています。

(病院局県立病院課)

 

 

【7月16日付け回答への再意見】7月16日受付

 

 これから行われる決算データを見て、評価、公表が行われるとのことですが、そのスピード感覚では遅すぎるのではないかと危惧しています。

 他の県では3月から4月にはすでに計画に基づいた評価が実施されています。隣の鳥取県では6ヶ月ごとに評価が行われ、その会議の議事録も含め公開されています。医師の急激な引き上げはすでに去年のうちに分かっていたものもあり、それに対する対策がこれから決算が出てから、では取り返しの付かない事態となりかねないとおもいますがいかがでしょうか?

 

 

【回答】8月25日回答

 

〈県内市町村の公立病院について〉

 

 県内の公立病院に対しては、病院改革プランにかかる評価・公表を積極的に行うよう助言を行っているところであり、今後も関係市町村と密接な連携を図りながら、公立病院改革プランに掲げられた目標達成に向けた各公立病院の取り組みを支援してまいりたいと考えています。

(地域振興部市町村課)

 

〈県立病院の状況について〉

 

 平成21年度実績の公表については、島根県議会の決算の認定を経た後となりますが、県立の2病院では、それぞれの病院内に設置している健全経営推進委員会等において、毎月々の経営状況の分析や評価を行い、その情報を病院内で共有し、病院事業中期計画に掲げた経営目標である「単年度資金収支の黒字化」の達成に向けて取り組んでいます。

 (病院局県立病院課)

 

 

【再意見】12月7日受付

 

 公立病院改革プランについて以前にも同様の内容で質問させていただきました。その時には「決算が出てから」というお話であったと記憶しております。9月末には公営企業の決算の概要が県のHP上にアップされ、各公立病院についても簡単なデータが公表されました。またそれに先立って大田市立病院についてはさらに厳しい状況が新聞報道されています。

 この決算がでたにも関わらず、県内の公立病院の改革プランの検証がなされ、プランの修正が実施されたというニュースを見聞きしておりません。大半の病院が多額の補助金をもらったうえでも赤字である上、改革プランに義務付けられている評価委員会がどうであったのかが十分に公表されているとはいえない状況です。不十分な情報開示のまま破綻直前になってから「もうダメです」では、第2の夕張、第2の銚子ということになりかねないと考えますがいかがでしょうか?

 

【回答】1月11日回答

 

 県内公立病院における公立病院改革プランの点検・評価の状況等については、以下のとおりです。

 なお、今後も関係市町村と連携しつつ、各公立病院の取り組みを支援していく考えです。

(地域振興部市町村課)

 

 

公立病院改革プランの平成21年度実績等に係る状況(平成22年12月28日現在)

団体

病院名

点検・評価

点検・評価の公表

公表方法

既に実施済

今年度実施予定

 予定時期

既に実施済

今年度実施予定

 予定時期

 

松江市 松江市立病院 平成23年1月予定 平成23年2月予定 ホームページを予定
出雲市 出雲市立総合医療センター  

平成23年1月予定  

平成23年2月予定 ホームページを予定
大田市 大田市立病院

     

平成23年1月予定 ホームページ、広報誌を予定
安来市 安来市立病院

     

平成23年2月予定 ホームページ、広報誌を予定
奥出雲町 町立奥出雲病院

   

    http://www.okui(外部サイト)
飯南町 飯南町立飯南病院

   

    ホームページ(外部サイト)
津和野町 津和野共存病院

   

    ホームページ(外部サイト)
邑智郡公立病院組合 公立邑智病院

   

    ホームページ(外部サイト)
公立雲南総合病院組合 公立雲南総合病院

   

    http://unnan-hp.jp/index.php?id=21(外部サイト)
隠岐広域連合 隠岐病院  

平成23年1月予定  

平成23年2月予定 広域連合議会報告後、ホームページによる公表を予定
隠岐広域連合 隠岐島前病院  

平成23年1月予定  

平成23年2月予定 広域連合議会報告後、ホームページによる公表を予定

 

 

【再意見】2011年4月13日受付

 

 昨年から公立病院改革プランについて何度か質問させていただいております。昨年末の質問に対して、今年の1月に各病院の評価結果の公表の一覧を載せていただきました。

しかし、ホームページ上で結果が公表されるとなっている松江市立病院、出雲医療センター、安来市立病院について各病院のホームページを閲覧しましたが、見つけることができませんでした。また、大田市立病院については公表されていましたが、残念ながらその内容は病院の経営状況についてなにも評価されていないのと変わらないものではないでしょうか。前提条件が変わってしまったので、評価しようがないではなく、前提条件が変化してしまったのであれば、早急にあらたなプランをたてる必要があるのではないでしょうか。大田市立病院の医療崩壊が周囲に大きな影響を及ぼしていることについては、新聞などでの情報も含め、いろいろ耳にしておりますが、残念ながらそれに対する方策が十分に行われたという話は聞こえてきません。

 さらに言えば、これらの公表されたものは「平成21年度」のものです。今は平成23年になっています。1年以上も前の経営情報を元に今後の方針を立ててうまくいく民間企業は存在しません。そういった状況でありながら1年以上も前のことについてさえ十分な情報公開がなされない状況は大きな問題ではないでしょうか?

 

【回答】4月15日回答

 確認したところ、松江市立病院及び出雲市立総合医療センターにあっては、4月中に公表予定であり、安来市立病院については、今年2月の安来市報に掲載されています。

 県といたしましては、できる限り各病院を訪問し、ヒアリングなどの場を通じて、公立病院改革プランの進捗状況や各病院の課題の把握に努めているところであり、大田市立病院についても同様に、随時状況把握を行っているところです。

 なお、プランの点検・評価の結果の公表時期については、各病院に対して、病院決算の議会への報告後速やかに行うよう働き掛けてまいりたいと考えています。

(地域振興部市町村課)

 

【再意見】2012年1月12日受付

 

 公立病院改革プランについて昨年もご質問させていただきました。昨年に比べると、幾つかの病院ではすでに平成22年度のプラン達成状況に関する評価がインターネット上に公開されるなど改善してきている部分もありますが、松江市立病院など相変わらず放置されたまま平成24年を迎えようとしているところもあります。

 昨年も述べましたが、すでに24年になろうという時期に22年の評価ができていないというのは「改革」の名に値しないと思いますが、いかがでしょうか?また出てきている数字を見てもプランの達成ができているところが殆ど無いような状況ではそもそも最初の「改革プラン」そのものに疑問符を付けざるをえないと思います。それについてはいかがお考えでしょう。

 このまま税金や他会計からの資金の流用を続けていくことはけっして医療再生には繋がらないと考えます。

 

【回答】1月27日回答

 

〈県内市町村の公立病院について〉

 

 公立病院改革プランの点検・評価の結果の公表については、各病院に対して、病院決算の議会への報告後速やかに行うよう働き掛けているところですが、現時点での公表等の状況は、以下のとおりです。

 なお、病院経営に関しては、各病院とも医師や看護師が不足する中、H22決算の経常収支は、H21決算との比較で4.5億円改善(県立病院を除く公立病院の合計)するなど、経営改善に向けて努力をされているところであり、県としても引き続きこうした取り組みを応援してまいりたいと思います。

(地域振興部市町村課)

 

 

公立病院改革プランの平成22年度実績等に係る状況(平成24年1月27日現在)

団体

病院名

点検・評価 点検・評価の公表

公表方法

既に実施済 今年度実施予定 予定時期 既に実施済 今年度実施予定 予定時期
松江市 松江市立病院 平成24年2月 平成24年3月 ホームページを予定
出雲市 出雲市立総合医療センター

   

    ホームページ(外部サイト)
大田市 大田市立病院  

平成24年3月  

平成24年3月 ホームページを予定
安来市 安来市立病院

   

    ホームページ(外部サイト)
雲南市 雲南市立病院

   

    http://unnan-hp.jp/index.php(外部サイト)
奥出雲町 町立奥出雲病院

   

    http://www.okuizumo-hospital.jp/198.html(外部サイト)
飯南町 飯南町立飯南病院

   

    http://www.iinan-hospital.jp/6.html(外部サイト)
津和野町 津和野共存病院

   

    ホームページ(外部サイト)
邑智郡公立病院組合 公立邑智病院

   

    ホームページ(外部サイト)
隠岐広域連合 隠岐病院

     

平成24年2月 H24年2月開催の広域連合議会での報告後、ホームページによる公表を予定
隠岐広域連合 隠岐島前病院

     

平成24年2月 H24年2月開催の広域連合議会での報告後、ホームページによる公表を予定

 

〈県立病院の状況について〉

 

 総務省においては、毎年度、公立病院改革プランの達成状況調査を実施し公表されおり、県立病院の回答は、病院局のホームページにおいて公表しています。

(病院局県立病院課)

 

 

【その後の状況】(2012年3月26日)

 

〈県立病院の状況について〉

 

 中央病院とこころの医療センターの県立2病院においては、総務省の公立改革プランに該当するものとして、病院運営の基本方針や経営目標などをまとめた「島根県病院事業中期計画」を策定し、これに沿って病院運営を行っています。

 このたび、平成21年度〜平成22年度の達成状況についてとりまとめ、病院局ホームページにおいて公表しました。

(病院局県立病院課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年4月項目一覧


2010年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025