• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立古代出雲歴史博物館での写真撮影規制について


 

【提案No.97】 5月26日受付

 

A.島根県立古代出雲歴史博物館内の写真撮影自由化を実現させてください。

 

 島根県立古代出雲歴史博物館は未だに写真撮影禁止になっています。最近、公立・民間を問わず、写真撮影を自由とする博物館が多くなっています。気に入った作品をバックに記念写真を撮ることができます。多くの人がカメラ付き携帯電話を持ち歩き、インターネットを使いこなすようになった社会変化にも原因があるようです。お客さんのサービス向上につながるだけでなく、博物館側にも以下のような利点があると、最近言われるようになってきました。

  ・写真をブログにのせてもらった方がいい宣伝になり、集客効果がある。

  ・長引く不況の中、地元の経済に貢献できる。

 もともと公立の博物館は撮影自由のところが多いです。島根県立古代出雲歴史博物館は社会動向から遅れている気がします。博物館はそれ自体れっきとした観光施設です。特に、島根県立古代出雲歴史博物館はシアターを設置したり、スタッフに古代人の衣装を身に付けさせたりと娯楽性が濃く出ています。子どもの遊び場的なところもあります。そのような場所で記念撮影を認めないのは不自然です。

 島根県立古代出雲歴史博物館にもメールしましたが、返事はありませんでした。

 入場者数減少で閉館した公立博物館が出ているという新聞記事を見ました。営利目的の施設ではないので、学芸員がお客さんを楽しませる努力してこなかったということが指摘されていました。サービスの質は周辺の他の施設の入場者数にも影響します。地元の経済にも関係します。知事さんがリーダーシップを発揮して、撮影自由化を実現させてください。

 

 

【回答】 6月22日回答

 

 古代出雲歴史博物館に対する貴重なご意見ありがとうございます。

 写真撮影の規制について、現在、当館では以下のとおり対応しております。

 

1.出雲大社の宇豆柱(中央ロビー)

 宇豆柱の所有者である出雲大社から、ストロボ無しでの写真撮影許可をいただいております。

 

2.常設展示室

 常設展示室内での写真撮影は、事前に許可を受けた場合を除き原則お断りしております。

 常設展示室の展示品の中には、写真撮影いただいても支障のないものがあります。一方、寺社からお預かりしている宗教的な資料や、所有者の方からお客様の写真撮影を制限されているものも少なからずあります。このような資料が同じ展示ケース内に混在しているため、お客様の間に混乱が予想されることから、現状では、常設展示室全体を撮影禁止とさせていただいております。

 

3.特別展示室

 特別展示室では、現在、7月4日まで特別展「BATADEN 一畑電車百年ものがたり」という展覧会を開催中です。この展覧会については計画の段階からお客様の写真撮影を規制しない方向で準備を進め、展示資料の所有者の方々の了解をいただき、写真撮影を自由としました。

 特別展示室を写真撮影自由にしたのは、開館以来初めてのことですが、お客様には好評です。

しかし、著作権が残る資料や宗教的な資料が多い展覧会の場合、写真撮影を制限させていただかざるをえず、全ての展覧会で撮影自由にすることは難しいのが現状です。

 

 当館としましても、お客様からご要望があることから、常設展示室の写真撮影ができるようにするための準備を進めております。しかしながら実現にあたっては、すべての所有者から了解いただくことが必要です。また、資料によってはどうしても承諾がいただけない場合も想定されます。そこで、お客様の混乱を防ぐために、撮影可能な資料、不可能な資料の混在の解消や撮影可否の表示手法などを検討しなければなりません。現在のところ、平成22年度中の課題解決に向けて努力しているところですので、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

(県立古代出雲歴史博物館)

 

【その後の状況】(2011年7月6日回答)

 

〈常設展示室〉 

 古代出雲歴史博物館が借用し、常設展示室において展示している資料について、所有者のみなさまのあたたかいご理解とご協力により、一部の資料を除き、6月22日から常設展示室での写真撮影を解禁しました。

 資料の中には環境に敏感なものも多くあります。また、他のお客様の迷惑とならないよう、撮影ルールをお守りのうえ、撮影いただきますようお願いいたします。

(県立古代出雲歴史博物館)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年6月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025