• 背景色 
  • 文字サイズ 

障がい者の自立支援について


 

【提案No.72】 5月6日受付

 

 「フォトしまね」No.178に掲載されている障がい者の自立に向けた特別支援事業(6億5433万円)についてくわしく知りたいです。

 といいますのも私共には発達障がい、高機能自閉症の子どもがいます。この春高校に進学しましたが、第1希望の県立高校においては、高校側の特別支援体制が不十分なため、断念せざるをえませんでした。

 発達障がいがある者でも普通の県立、私立校に入学を希望する者がいるんですが高校の特別支援教育についての指導はどのようにされておられますでしょうか。

 また、高校卒業後の発達障がい者の就職についてです。

 平成23年度に益田高等技術校の中に障がい者訓練科ができるようですが、この科についてくわしく知りたいです。

 卒業まで3年しかありませんので、それまでに進路について早くから考えておかなければなりません。くわしい情報を知りたいのでよろしくお願い致します。

 

 

【回答】 6月1日回答

 

○障がい者の自立に向けた特別支援事業について 

 平成22年度の「障がい者の自立に向けた特別支援事業」の概要は別紙(PDF形式:394kb)をご参照ください。

 このうち、発達障害者支援体制整備事業(5864万円)では、県東部(出雲市)・県西部(浜田市)の2カ所に発達障害者支援センターを設置し、発達障がいのある方やご家族からのご相談に応じて、生活面での助言や福祉制度・関係機関の紹介、発達検査、就労に向けたアドバイス・情報提供などを行っています。

 発達障がいの方が、その方の特性やライフステージに応じて、地域の中で適切な支援を受けることができるよう、学校や関係機関と連携しながら活動していますので、ご相談ください。

 このほか、このセンターと県が連携して、保育士や保健師などを対象とした発達障がいの方への支援方法の研修、発達障がいをテーマとしたフォーラムの開催やパンフレットの作成なども行っています。

(健康福祉部障がい福祉課)

 

○県立高校の特別支援教育について 

 島根県教育委員会では、平成17年度に特別支援教育体制推進事業実施要項(平成22年度からは特別支援教育総合推進事業実施要項と名称変更)を定め、高等学校における校内支援体制の整備に取り組んでいます。具体的には各校に次のことを指導しています。

  • 「特別支援教育校内委員会」を設置し、必要に応じて、外部の専門機関や専門家等からの助言・協力を得ながら、生徒の実態や障がいの特性を把握し、より生徒に応じた支援のあり方についての話し合い等を行うこと。
  • 校内で「特別支援教育コーディネーター」を指名する。特別支援教育コーディネーターは特別支援教育校内委員会の運営や校内の相談窓口としての役割を果たすとともに、校内外の連絡調整役を果たすこと。
  • 「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」の作成について取り組むこと。
  • 外部の専門家チーム、巡回相談員、特別支援学校等との連携を図ること。

 

 各校では家庭や中学校との連携を密にしながら、適切な支援が計画的・継続的・組織的に行われるよう努力しているところです。今後、さらに各校の校内支援体制が充実するよう努めてまいります。 

(教育庁高校教育課)

 

○私立高校の特別支援教育について 

 島根県は各私立学校に対して特別支援教育の推進状況について実態把握を行うなどしており、特別支援教育が推進されるように周知を図っています。私立学校においては、特別支援教育に対応する施設整備等を徐々に行ってきているところです。発達障がい等がある生徒には、学年部・学級担任を中心にスクールカウンセラー等と連携を図りながら、きめ細かな対応を実施するようにしています。 

(総務部総務課)

 

○高等技術校の障がい者訓練科について 

 益田高等技術校と浜田高等技術校を再編して整備する県立西部高等技術校(平成23年4月、益田市高津の益田競馬場跡地に開校予定)には、障がい者を対象とした総合実務科を設置する予定です。座学や現場での実習を通して、就職に必要な知識やマナーを習得する訓練や、事業所などで作業を実施する力を習得する訓練を考えていますが、具体的カリキュラムや対象となる障がい種など詳しいことは、現在検討中です。詳しい内容について決まり次第、県のホームページなどでお知らせすることとしています。

(商工労働部雇用政策課)

 

【その後の状況】(2011年7月11日回答)

 

 平成23年4月に浜田高等技術校と益田高等技術校を再編整備して開校した西部高等技術校(益田市高津4丁目7-10)には、障がい者を対象とする総合実務科を設けています。

 まず、3ヶ月間、就職に必要な知識やマナーを習得した後に、2ヶ月間、事業所などで、作業を実施する力を習得する訓練を実施しています。

 訓練内容や入校申し込み手続については、西部高等技術校のホームページを御覧頂くか、電話(0856-22-2450)などでお問い合わせください。

(商工労働部雇用政策課)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025