• 背景色 
  • 文字サイズ 

診療内容に関する個人情報の取り扱いについて


 

【提案No.117】 6月9日受付

 

 精神科に通っているのですが、最近、会社や他の病院やハローワークなどで、診察中に話したような内容とよく似た不審なことを言われることがあります。そんなことはないとは思いますが、医療事務などの職員の人が精神科病院をやめたときなどにも、個人情報を安易に漏らさないように徹底して指導をして頂けないでしょうか。世の中には悪意を持っている人もいて、嘘のうわさを流す人もいるので心配です。

 

 

【回答】 6月29日回答

 

 医療分野における個人情報の保護に関しては、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」第53条に、精神科病院の医師や看護師、その他の職員(いずれも退職した後も含む)が業務上知り得た人の秘密を正当な理由無く漏らした場合の罰則規定があります(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)。

 個人情報の漏洩が疑われる場合は、その具体的な内容等を最寄りの保健所か島根県健康福祉部障がい福祉課(0852-22-6321)にご連絡ください。

 このほか、刑法にも秘密を侵す罪として、医師や薬剤師(いずれも退職した後も含む)などが正当な理由がないのに、業務上知り得た人の秘密を漏らした場合に対する罰則規定があるほか(刑法第134条第1項)、日本医師会、日本薬剤師会、日本看護協会においても職務上知り得た患者等の秘密の保護などに関する倫理規定をそれぞれ設けてプライバシーの保護に努められています。

(健康福祉部障がい福祉課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年6月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025