• 背景色 
  • 文字サイズ 

県庁正面玄関の受付について


 

【提案No.58】 5月6日受付

 

Q.県庁正面玄関の受付を機械化すれば人件費が浮くのではないでしょうか?

 

 現在、県庁正面玄関の受付は、職員が行っていますが、ここを機械化すれば人件費が浮くのではないでしょうか。よく民間施設に行くと、タッチパネルで行き先を表示しているところがありますので提案します。

 

 

【回答】 5月21日回答

 

A.受付業務は、お客様のお話をお伺いした上で、適切な対応をする必要がありますので、引き続き職員が行うことが適当と考えております。

 

 県庁正面玄関の受付には、毎日多くのお客様がいらっしゃいますが、その中には県庁内のどの課を訪ねたらよいか行き先の確認の為にお越しになるお客様も多くいらっしゃいます。

 そのような方々に、円滑なご案内ができるよう、受付の職員には県庁の各課が所管する業務について一定の知識が必要です。

 また、お問い合わせの内容によっては、国や市町村、その他の団体をご案内する場合もあります。

 このように受付業務は、お客様のお話をお伺いした上で、適切な対応をする必要がありますので、引き続き職員が行うことが適当と考えております。ご意見のように機械化(案内表示)することは、現在検討しておりません。

 今後も経費の節減に取り組みつつ、一方で県民の皆様に対する必要なサービスが低下しないよう努めてまいります。

(環境生活部環境生活総務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年5月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025