• 背景色 
  • 文字サイズ 

予算のグラフについて


 

【提案No.55】 4月30日受付

 

 「フォトしまね」No.178に掲載されている平成22年度当初予算のグラフを見て私自身もわからない部分があります。歳入では、繰入金・諸収入、歳出では、貸付金及びその他(災害復旧費よりも4倍も多いものには,分かりやすい説明を!)の内訳をわかり易く簡単に説明した方が、県の財政状況がより県民に分かりやすいのではないかと思います。

 

 

【回答】 5月13日回答

 

 ご指摘の点について、歳入のうち繰入金は、国の経済対策により積み立てた基金や県の貯金である減債基金等からの繰入金339億円、特別会計からの繰入金12億円です。諸収入は、中小企業制度融資等の貸付金元利収入821億円、宝くじ収入19億円、市町村等からの受託事業収入16億円などが主な内容です。

 また、歳出のうち貸付金は、中小企業制度融資702億円、企業立地促進資金42億円、県単用地先行取得22億円、その他は、物件費138億円、維持補修費71億円、積立金21億円などが主な内容です。

 今後は、ご指摘も踏まえ、よりわかりやすい資料作りに努めていきます。

(総務部財政課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年5月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025