• 背景色 
  • 文字サイズ 

県職員の勤務時間中の組合活動について


 

【提案No.286】10月19日受付

 

 少し前に、農林水産省の労働組合の闇専従問題で職員が処分されました。

 県民の声2007年4月分「県の合庁内での選挙運動について」にもあるように、島根県でも勤務時間中に組合活動をしているのではないですか。

 この前の衆議院議員選挙で県職員出身の方が当選されましたが、平日昼間に県職の労働組合が何もしていないとは考えられません。もし勤務時間中の組合活動があるとしたら、財政が厳しい中、人件費の無駄遣いではないですか。そのようなことがないのであれば、農林水産省のような一斉調査を自主的に行い、「島根県はクリーンにやっています」という宣言をしてはどうですか。

 給与引き下げの県人事委員会勧告が出ていますが、またストライキをやるのではないでしょうか。何年か前にもストライキをされたことがありますが、特に懲戒処分はなかったように思います。知事も替わられたことですし、違法行為に対しては高知県のように厳正な態度で臨まれることを希望します。

 

【回答】4月13日回答

 

 公務員は、勤務時間中は職務に専念する義務があり、勤務時間中に職員団体及び労働組合の活動をすることは、法律により認められた交渉等に限られており、島根県ではこれを厳格に運用しています。

 選挙時期の職員の服務規律についても、選挙が行われる毎に、全職員に対して通知を発出し、法令の遵守及び服務規律の確保について徹底を図っています。

 また、全体の奉仕者である公務員が争議行為を準備し、実行することは、法律等により禁止されています。過去に本県の職員団体等が実施したストライキにおいては、実行した職員団体等の役員やこれに参加した職員について、厳正に懲戒処分等を行っています。

(総務部人事課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025