• 背景色 
  • 文字サイズ 

県における非常勤臨時職員の雇用拡充について


 

【提案No.25】 4月16日受付

 

 昨今の雇用・失業情勢に鑑み、少しでも雇用の場を広げるため、県において短時間あるいは期間雇用ででも構いませんので非常勤臨時職員の枠を大幅に拡充し、職を確保できる人が少しでも多くなるようにしてください。

 

 

【回答】 4月23日回答

 

 ご提案のとおり、県も経済対策(緊急雇用対策)として、平成21年度は約90名、平成22年度は約80名(4月16日現在)の臨時職員・嘱託職員を任用しています。

 なお、臨時職員の平成22年以降採用分(H22.1.1〜H24.3.31)については昨年の12月6日に「臨時的任用職員名簿登録試験」を実施しました。また、嘱託職員の平成22年4月採用分については今年の2月13日に「非常勤嘱託員採用試験」を実施しています。

 更に、これらの試験とは別に臨時職員・嘱託職員の試験を随時行う場合もありますので、ハローワークの求人情報や島根県人事課のホームページを適宜ご確認ください。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025