• 背景色 
  • 文字サイズ 

指定管理者制度について


 

【提案No.22】 4月13日受付

 

 島根県は県立美術館の集客に見られる様な指定管理者制度の導入による民間のノウハウ向上による活性化に努めて欲しい。役人の固い頭では集客の成果はあげられない。

 

 

【回答】 4月27日回答

 

 現在島根県では、県立美術館をはじめとして計25施設で指定管理者制度を導入しており、施設利用時間の弾力的運用、施設間での連携したイベントの開催、繁忙期の休憩所の設置といったお客様の視点に立ったよりきめ細やかな施設運営を行うなど住民サービス・利便性の向上に努めています。

  なお、県立美術館など一部の施設では、展示企画の立案など一定の業務を県直営で行いながら、施設の管理は指定管理者が行う官民の協働体制で運営しており、利用者の拡大を実現しています。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025