• 背景色 
  • 文字サイズ 

卒業式に島根県民の歌を


 

【提案No.531】 2月22日受付

 

 世情の移り変わりにより、卒業式に歌う楽曲は変わります。それは十分わかりますが、せっかく島根県民の歌があるので、それを歌うよう(強制ではなく)、学校に要請してみてはどうでしょうか。

 

 

【回答】 3月17日回答

 

 島根県民の歌は、昭和26年に制定して以来、県民意識の高揚を図り、郷土愛を醸成するため、県が行う各種式典等において積極的に活用しています。

 また、県内の学校では、児童生徒が県民の歌をふるさとの歌として愛唱できるように、義務教育が始まる小学校のすべての新入生に対して、毎年、歌詞と楽譜を記したリーフレットを配布しています。さらに、各小学校には、毎年、ピアノ伴奏譜を配布し、卒業式に限らず、音楽の授業をはじめ学校行事等で十分に活用するよう要請しています。

(政策企画局広聴広報課・教育庁義務教育課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025