• 背景色 
  • 文字サイズ 

行政対象暴力について


 

【提案No.478】1月29日受付

 

Q.県の機関において、一年間にどのくらいの行政対象暴力が存在しますか?

 

 全県下の各県機関において、一年間にどのくらいの行政対象暴力が存在する(した)のかをお教え下さい。内容も差し支えない範囲内でお示しいただき、行政がいかに迅速かつ的確に対応し、無駄な税金等を排出していないかも併せてお教え下さい。

 

 

【回答】3月8日回答

 

A.警察本部や(財)島根県暴力追放県民センターと連携し、職員の安全の確保及び事業の公正な執行に努めています。

 

 暴行や威圧などにより違法又は不当な行為を要求する行政対象暴力に対しては、警察本部や(財)島根県暴力追放県民センター(外部サイト)と連携し、職員を対象とした講習会を開催するなど、組織として被害の防止に努めているところです。

 これまで、暴力行為等による被害や金品を要求するなどの重大な事案は発生していませんが、引き続き警察等と連携し職員の安全の確保及び事業の公正な執行に努めてまいります。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025