• 背景色 
  • 文字サイズ 

水道料金の見直し検討について


 

【提案No.503】 1月8日受付

 

Q:一人暮らしです。水使用量はわずかですが、基本料金・下水道料金が高すぎます。事務的には、設備費・検針費用は水使用量が多かろうと少なかろうと大差ないから、今の料金体制でしょうが、少なくとも下水道料金は、環境汚染の観点から大量使用者は、累進的、高負担であるべきと思います。

 

 

【松江市からの回答】 2月9日回答

 

 水道の基本料金は、料金収納に要する経費や施設の維持管理にかかる固定的な経費をまかなうため、皆様から等しくいただいています。

 水道料金は公共料金のため、市民の皆様の負担を極力少なくするよう配慮しており、料金改定にあたっては外部の委員で組織する料金審議会に諮って決めております。

 また、本市の下水道使用料は、全国の多くの自治体が採用している2部使用料制(基本使用料と従量使用料)と累進使用料制(使用水量が多いほど使用料単価が高い)を採用しています。

 この基本料金と従量料金を決める際には、かかった経費を(1)水量が増えても増えなくてもかかる固定経費と(2)水量が増えることにより変わる変動経費に分けて、(1)は基本料金分、(2)は従量料金分として計算しています。

 また、一番高い使用料単価は一番低い使用料単価に比べは2.10倍となっており、中国地方47市の中で、割合が高い方から数えて14番目の水準です。

 なお、本市の下水道使用料金水準は、月20m使用する家庭で比較した場合、県内8市の中では高い方から4番目、中国地方47市の中では27番目となっており、極端に高い水準ではないと考えております。

(松江市市民生活相談課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025