• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根のPRについて


 

【提案No.496】2月3日受付

 

Q.様々な方面で活躍されている方々にお願いするなど、島根のPRを工夫してください。

 

 ある民間インターネット検索会社が調査したところ、どこにあるのかわからない都道府県1位が島根県でした。なお、5位が鳥取県でした。なかには島根、鳥取のどちらが北にありどちらが南にあるかわからないという、とんちんかんな感覚を持っている人もいたようです。

 島根は行政、スポーツ、将棋、芸能など様々な方面で活躍されている人がいるのになぜこのようなことになるのでしょうか。活躍されている方々にお願いし、一丸となって島根をよりPRし、少なくとも全国の方に位置くらいは認識してもらいたいと思います。県及び各地方公共団体の工夫に期待します。

 

 

【回答】2月9日回答

 

A.「遣島使」の委嘱や島根応援サイト「リメンバーしまね」の開設などにより、多くの方にご支援いただきながら島根のPRに取り組んでいます。

 

 県では、島根とのつながりが深く、また島根に愛着を持っていらっしゃる県外在住の方々の中から、ご協力いただける方であれば島根出身であるかどうかにかかわらず、「遣島使(けんとうし)」として委嘱し、県外での島根の魅力のPRをお願いしております。現在、企業経営者、マスコミ関係者、文化人の方々など約690名に登録いただいており、それぞれのお立場を活用し、島根の魅力を広く情報発信していただいております。

 また、一昨年の10月には島根応援サイト「リメンバーしまね(外部サイト)」を開設しました。これは、インターネットを通して口コミで島根の知名度を上げ、観光客の誘客や特産品等の販路拡大につなげることを目的としたものです。応援サイトという名前のとおり、島根の応援団員として登録いただき、さまざまな島根の情報を、応援団員のみなさんご自身からの投稿により発信していただいております。

 2月8日現在、県外の方約6400人を含む約7700人のみなさんに応援団員として登録いただいています。また、これまでに、名誉団員として、映像クリエイターの小野亮さんや松江市出身の俳優・佐野史郎さん、ミュージシャンの六子(ろこ)さんへのインタビューも掲載しています。

 いただいたご意見を参考とさせていただき、島根県とゆかりのある方々のお力もお借りしながら、今後も島根PRに取り組んでまいります。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年2月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025