• 背景色 
  • 文字サイズ 

放課後児童クラブの整備について


 

【提案No.482】 2月1日受付

 

 放課後児童クラブの整備については優先順位をつけた上で予算化、着工、竣工という流れをたどるわけですが、竣工した後になって、「この設備はここにあったら児童に危険を及ぼす」「その設備はかえってないほうが効率的だ」などの意見がでると考えます。

 ついては、設計段階から児童クラブの責任者あるいは職員らから事情聴取するなどして、安全でかつ使い勝手がよい施設を構築する流れを作っていただくよう提案します。

 

 

【回答】 2月8日回答

 

 放課後児童クラブについては、国や県の財政支援を受け、あるいは、市町村独自の財源を活用して、この事業の実施主体である市町村により、施設整備が行われています。

 ご指摘のとおり、整備される児童クラブが、利用児童にとって安全で、使いやすい施設かどうかは大切な視点です。県においても、様々な機会をとらえて、そのような視点に配慮されるよう、市町村に呼びかけていきたいと思います。

(健康福祉部青少年家庭課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年2月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025