• 背景色 
  • 文字サイズ 

子育て政策について


 

【提案No.456】 1月21日受付

 

Q:鳥取県のように、島根県も子育てに対する政策を実施してほしい。

  人口が更に減少し、島根県の存在が下降します。

 

 

【回答】 2月3日回答

 

A:島根県でも、子育てしやすい環境づくりを進めるため、「みんなで子育て応援事業(こっころ事業)」に取り組んでいます。 

 

 子育て支援や少子化対策の取り組みは、それぞれの自治体の実態等に応じて様々な展開の仕方が考えられると思います。

 島根県では、少子化の様々な背景・要因の軽減、解消を目指し、「子育てしやすい環境づくり」、「仕事と家庭の両立支援」「縁結び応援(未婚・晩婚化対策)」の三つの側面から、家庭を持ち安心して子育てができるような地域社会づくりを推進しています。

 ご指摘のありましたとおり、鳥取県では、地域全体で子育てを応援するための総合的な事業展開を行う「とっとり子育て王国創造事業」を実施されていますが、島根県におきましても、子育てしやすい環境づくりを進めるため、行政・企業・団体(NPO法人等)など県全体で子育て家庭を応援する「みんなで子育て応援事業(こっころ事業)」に取り組んでいます。

 これは、こっころパスポート事業により、子育て家庭をはじめ県民に広く定着した「こっころ」の名称を、県の子育て支援策を象徴する統一ブランドとし、様々な事業を展開するものです。具体的には、子育て支援の専門家の派遣や担い手の育成を行う「こっころ隊育成事業」、子育て支援グループやこっころ協賛店の取り組みに助成する「こっころ助成事業」、子育て支援の優れた取り組みを4部門で表彰する「こっころ大賞事業」などがあります。

 また、仕事と家庭の両立を支援するため、従業員の子育てを応援する企業を「こっころカンパニー」として認定し、様々な支援策を講じています。

 県におきましては、今後も、企業、子育て支援団体、県民の皆様と連携・協働して、子育てを社会全体で応援する気運醸成を図るため、子育て家庭のニーズを踏まえながら、積極的な施策展開を図っていきたいと考えていますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

(健康福祉部青少年家庭課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025