• 背景色 
  • 文字サイズ 

福祉に関する事業について


 

【提案No.455】 1月20日受付

 

Q:介護保険の利用プランについて不信感を持つことがありました。

  もっと福祉に対する事業、しくみを充実させてください。

 

 介護保険の利用プランについて、監査のようなものはされているのでしょうか?

 私の父母は、要介護5、要支援2で、自宅療養と、ショートステイ、デイサービスを利用しています。

 体の状態、環境に合わせたプラン、費用を考えて頂き、7年間過ごしています。

 先日、母の訴えというか、話をもう少しゆっくりと聴いて頂きたく、担当のケアマネさんではなく、包括支援センターの方に相談させて頂きました。さっそく色々配慮して下さいました。その頃と同時に母は、父の自己負担金が多すぎて生活が苦しいと、自宅に来ているヘルパーさんに話したところ、父の障害の状況から、8万円ぐらい減るということでした。助かった反面、これまでの負担は?という不信感も、正直私にはあります。

 日々、改正されていくものはたくさんあると思いますが、人間が生きていく上で、老後、特に病気や障害を持つ人たちのことを親身に考えると、何をしないといけないか、必要なことがわかると思います。

 もっと福祉に対する事業、しくみを充実したものにしてほしいです。

 

 

【回答】 2月4日回答

 

A: 県では、保険者がケアプランの点検を行うための研修や、ケアマネージャー事業所を直接訪問しての指導、ケアマネージャーを対象とした研修などを行っています。

 今後も、福祉に関する制度や仕組みを、障害者や高齢者、その家族の皆様などに理解していただけるよう、様々な機会を通じて周知を図ってまいります。

 

 ケアプランは、利用者の心身の状況やその置かれている環境に応じて適切なサービスが受けられるよう策定されるべきものです。県では、市町村、保険者がケアプランの点検を行うための研修やケアマネージャー事業所を直接訪問しての指導、ケアマネージャーを対象とした研修などを行っています。引き続きこうした研修などを通じ、ケアマネージャーの資質の向上を図っていきたいと考えております。

 なお、障害のある方の場合、介護保険と障害福祉サービスの両方を受けることができますが、まず介護保険が優先して適用されます。その上で、障害の状態から介護保険の範囲を超えるサービスが必要な場合に、その超える部分について、市町村の支給決定を受けたのち、障害福祉サービスがご利用いただけます。障害福祉サービスの具体的な手続きについては、お住まいの市町村の障害福祉担当課にご相談ください。

 今後も、福祉に関する制度や仕組みを、障害者や高齢者、その家族の皆様などに理解していただけるよう、様々な機会を通じて周知を図ってまいります。

 

(健康福祉部高齢者福祉課、障害者福祉課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025