• 背景色 
  • 文字サイズ 

森林整備についての要望


 

【提案No.450】 1月20日受付

 

Q:島根の森林は荒廃している状況です。失業対策としても、島根の発展のためにも、森林保持に尽力してください。

 

  残念ながら現在の島根の森林は荒廃している状況です。私が両親から受け継いだ森林は、全部の土地を見守ることが出来なく先祖に対して申し訳なく思っております。

  島根県の森林資源を大切にすることをぜひ真剣に考えてほしいと思います。失業対策としても、島根の発展のための施策としても、森林保持に尽力してください。

  失業者を森林組合に雇用し、計画的に造林するなど、地域振興を考えてほしい。大きな島根の景気対策になると考えます。

 

 

【回答】 1月29日回答

 

A: 県では、「新たな農林水産業・農山漁村活性化計画」に基づき、循環型林業を実現するための取り組みを進めています。また、林業への就業を希望される方たちに対し、就業相談、就業のために必要な資金貸付、技術習得に必要な研修などを行っています。

 

 木材価格の長期低迷により森林所有者の森林への関心が薄くなり、また、地元にいない所有者の増加などにより、手入れの行き届かない森林が増えています。

 しかしながら、森林は木材の生産のほか、水源のかん養、山地災害の防止など、快適で安全な生活に必要な働きを持っており、地球温暖化防止の面でも大きな期待が寄せられています。

 こうした森林の働きを高めていくため、県では平成20年度に策定した「新たな農林水産業・農山漁村活性化計画」に基づき、「木を伐って」、「使って」、「植えて」、「育てる」循環型林業を実現するよう取り組みを進めています。

 林業の仕事は、足場の悪い急峻な現場において、刈払機やチェンソーなどを使いこなす必要があり、その技術習得には相当の年月を必要とします。

 それでも平成20年度は、県内で新たに106名の方が林業に就業されました。この中には失業された方や他の産業から転職された方が約8割含まれています。

 林業への就業を希望される方たちに対し、県では島根県林業労働力確保支援センター(島根県林業公社内)や島根県みどりの担い手育成基金などと連携し、就業相談、就業のために必要な資金貸付、技術習得に必要な研修、さらには就労条件の改善などを行っています。

 引き続き、木材生産を効率的に進めるための団地化(※)を図るなど林業の活性化を進めるとともに、森林が持つ環境保全など多面的な働きが十分に発揮できるよう森林の整備を進めていきます。

 

※団地化: 木材生産経費の低減や生産規模の拡大を図り、木材の安定した供給ができるよう、一定の広がりのある森林ごとに、森林所有者から施業や経営の意向をまとめ、集約化をすること

 

(農林水産部林業課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025