• 背景色 
  • 文字サイズ 

役場の公用車、閉庁日について


 

【提案No.425】 1月4日受付

 

Q:役場の車は、なぜあんなにいい車を使うのかが分かりません。また、役場が日曜日も開いていると助かります。 

 

 役場の車は軽自動車でいいのではないか。なぜあんなにいい車を使うのかが分からない。なんなら近場は自転車でもいいと思う。

 それと、役場は日曜日に交代ででも誰か出勤して開けておくべきだ。多くの人は日曜日が休みなのに、民間に貢献すべき立場の人が土日休みなのはおかしい。日曜日に役場などが開いていると、どれだけ多くの人が助かることか。税金など払いに行きたくても休みが日曜しかないと払いに行く時間はない。いつも仕事をちょっと抜けさせてもらって払いに行っています。民間の人の立場になって考えて下さい。自分の周りの人間も、みんな同じ事を言っています。現に出雲の方の役場は日曜でも動いている所があるらしく、出雲の方の人は本当に助かっているみたいです。

 自分の住む雲南市だけでなく、島根県全体がそうなると県民の県政に対する考え方も変わると思います。簡単な事ではないと思いますがぜひ検討して頂きたいと思います。

 

 

【回答】 1月20日回答

 

【県からの回答】

 

 市町村の公用車の車種や休日窓口の開設については、各市町村が、それぞれの地域の実情に応じ、住民意見等を踏まえ、各市町村ごとに決定されるものです。

 言うまでもなく、ご提言の趣旨である市町村行政の更なるコスト削減とサービス向上については、全ての市町村に不断の努力が求められているところです。

 現在、各市町村では、厳しい経済財政状況の中、集中改革プラン(※)に基づき、職員数の削減や事務事業の見直し等の大幅な行財政改革に取り組んでいるところですが、県としては、ご提言の趣旨も踏まえ、引き続き各市町村に対し健全な市町村行財政運営に資するよう助言を行っていきます。

 

※県内市町村の集中改革プランの取り組み状況

  https://www.pref.shimane.lg.jp/shichoson/gyoseijoho/index/

 

 なお、市町村の休日窓口の状況ですが、住民票や戸籍謄本等の発行サービスについては、一部の市町村で、恒常的に土日・休日の窓口を開設していたり、年度末・年度初め等のニーズの多い時期に臨時的に土日・平日時間外等の対応が行われているところです。

 また、ご提言について関係する雲南市へ伝えたところ、次のとおり回答がありましたのでお知らせします。

 (地域振興部市町村課)

 

【雲南市からの回答】

 

○雲南市の公用車について

 

 雲南市が公用車を購入する場合には、以下の三点を基準としています。

   (1)軽自動車であること。

   (2)環境基準達成車であること。

   (3)購入予算の範囲内であること。

 (2)の環境基準には、「低排出ガス」「燃費」の二つの基準があります。

 双方とも国土交通省が車の重量ごとに燃費の基準を定め、それをクリアしている車種を基準達成車として認定しており、雲南市は、「平成17年排出ガス基準50%低減」「平成22年度燃費基準+5%達成車」を満たす車種・グレードを購入時の目安としています。

 雲南市は、「財政非常事態」を宣言している状況下にあり、年次的に公用車を更新することが困難であるため、合併前からの古い公用車がまだ相当数あります。台数の削減も図りながら、こうした古い車両を労わりながら少しでも長く使えるよう努めているところですが、更新する場合は、上記の三点を基準としており、いずれ公用車の大部分が軽自動車になると考えています。

【雲南市総務部管財課】

 

○雲南市の休日の窓口業務について

 

 雲南市では、現在、窓口にご用の方で「時間内に来庁できない」という申し出がまれにありますが、その都度臨機応変に対応し、便宜をはかっているところです。

 また、休日や夜間につきましては、死亡届の受理など一部対応しているものもあります。

 ご提案のありました休日の窓口業務の開設につきましては、業務の範囲や体制など他市の実施状況も踏まえながら、平日の時間外対応の実施も含めて、今しばらく検討させていただきたいと思いますのでご理解いただきますようお願いします。

【雲南市市民部市民環境生活課・総務部人事課】

 

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025