• 背景色 
  • 文字サイズ 

大橋川改修について


 

【提案No.417】 1月4日受付

 

Q:早く大橋川改修に着工して松江市街地への水害を防いで下さい。 

 

 旧出雲市議会が1982年、大橋川改修が完了しなければ斐伊川放水路への分水は認めないと決議した。この条件で島根県と計画に同意した経緯があります。

 早期に着工して松江市街地への水害を防いで下さい。

 溝口知事と松浦市長は大橋川地区の合意に向かって真剣に取り組んで下さい。もう時間がありません。

 

 

【回答】 1月20日回答

 

A: 今後も事業が円滑に推進されるよう、関係機関との連携を強め積極的に取り組んでまいります。

 

 大橋川改修事業については、平成20年12月松江市議会において、松江市長が「大橋川改修事業は、松江の治水対策上喫緊の課題であり、早期事業再開について大方の市民の理解と合意が得られている。早期着手要望の強い中下流部や浸水被害を受けた地域での事業着手が望まれる。」旨の発言をされ、松江市議会でも同様の議決がなされました。

 また、昨年12月19日には、鳥取・島根両県知事が事業実施に合意し、22日には国土交通省中国地方整備局に早期事業着手を要請しました。

 県としては、今後もこの事業が円滑に推進されるよう、関係機関との連携を強め積極的に取り組んでまいります。

(土木部斐伊川神戸川対策課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025