• 背景色 
  • 文字サイズ 

医療機関への指導について


 

【提案No.414】 1月4日受付

 

Q:保健所はしっかり医療機関を指導してください。 

 

 先月医療機関で採血を受けた時、アルコール綿をビンから取り出しこの中へアルコール液をしぼっていました。これでは不潔ですし、感染症の元になります。採血針は筋注用を使用。当然圧はかかり時間もかかって採血するため、血球は破壊されデータも変わってきます。

 保健所はこういう現場があるということをご存じでしょうか。

 医師は診療に追われ知らないのでしょう。お粗末な現場を回られ指導して下さい。

 

 

【回答】 1月18日回答

 

A:このたびのご指摘も参考にしながら、今後も適切に立入検査・指導を行っていきます。

 

 医療機関への立入検査・指導については、各保健所が医療法に基づき、法令に規定された人員や構造設備を有しているかどうか、また適正な管理が行われているかどうか、という観点から実施しています。

 この立入検査においては、処置前の手指消毒の励行等、院内感染の標準的な予防策が職員に対して徹底されているかどうかなどについても確認し、必要に応じて指導を行っているところです。

 このたびのご指摘も参考にしながら、今後も適切に立入検査・指導を行っていきます。

(健康福祉部医療対策課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025