• 背景色 
  • 文字サイズ 

女性に対する暴力の相談窓口について


 

【提案No.398】 12月28日受付

 

Q:女性に対する暴力の相談窓口について、もっと広報してください。 

 

 夫、恋人などからの暴力(DV:ドメスティック・バイオレンス)は、犯罪にもなる重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。

 夫や恋人などから暴力を受けている方はひとりで悩まず、まず相談窓口である配偶者暴力相談支援センターに相談するようになっています。

 相談窓口について、もっとテレビ広報誌、新聞で呼びかけてください。

 

 

【回答】 1月7日回答

 

A:DV相談の窓口については、必要とする女性に確実に情報が届くよう、様々な方法で周知を図っています。

 

 県ではDV相談の窓口を、次の6ヶ所に設置し、そのうち女性相談センターと同西部分室の2ヶ所を配偶者暴力相談支援センターに位置づけています。

 

・ 女性相談センター(0852-25-8071)

・ 女性相談センター西部分室(0854-84-5661)

・ 出雲児童相談所(0853-21-8789)

・ 浜田児童相談所(0855-28-3434)

・ 益田児童相談所(0856-31-1886)

・ 中央児童相談所隠岐相談室(08512-2-9810)

 

 これらの相談窓口については、リーフレットを作成し、様々な機会に周知するとともに、DV相談カードを、関係機関の協力を得ながら、県立・市町村立の各種施設や庁舎、病院・診療所・歯科医院等の女子トイレへ配置し、必要とする女性に確実に情報が届くよう努めています。

 また、11月の「女性に対する暴力をなくす運動期間」を中心に、テレビ、新聞、街頭活動で、窓口の周知を図っています。

 さらに、住民のみなさんに身近な市町村の相談窓口についても、各市町村に積極的な広報をお願いしているところです。

 一人でも多くのDV被害者を、相談、保護、自立支援につなげられるよう、今後も引き続き周知・啓発に努めます。

 

(健康福祉部青少年家庭課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025