• 背景色 
  • 文字サイズ 

県民ホットラインのジャンル別分類について


 

【提案No.396】 12月28日受付

 

Q.知事への提案について、提出項目が既に分野別に分かれていることに問題を感じます。

 

 知事への提案について、提出項目が既に分野別に分かれていることに問題を感じます。例えば、大田市立病院に医師が来ないのは医師不足で医療の問題としてかたずけられようとしていますが、そこでの問題はその背景にある、高齢化核家族 家族間の距離 地域交通 衣食住環境 地域に応じた情報・通信環境 といった問題からも生じています。提出された分野の問題を他の分野でも自由に共有して、意見を言い合え、アイデアを出し合える事が、本当の意味での問題解決につながるのだと思います。人口の少ない島根県にこそできるのは、互いに一寸した事でも何でも言い合い、まとまってすすんでいけることにあるのだと思います。

 

 

【回答】 1月21日回答

 

A.ご意見のジャンル分けは、関心をお持ちの内容を素早く見つけていただくために必要なものであると考えています。また、決してどれか一つのジャンルに問題を限定しようとする意図によるものではないことをご理解ください。

 

 県民ホットラインへは年間を通じて多くのご意見が寄せられます。平成20年度の場合380件、平成21年度の場合は1月15日現在で322件のご意見とそれに対する回答をホームページ上で公開しています。

 ホームページ上での公開にあたっては、ご意見を回答日の属する月別に整理するとともに、11のジャンル別に分類し一覧表示を行っています。これは、県民ホットラインのホームページをご覧いただく県民の皆様が、多数のご意見の中から、それぞれ関心を持っていらっしゃる内容を見つけていただきやすくするためのものです。このジャンル別の一覧表示については、昨年度、県民の方からいただいたご要望をもとに新たに追加しました。

 今回いただいたご意見にもありますように、県民ホットラインへいただくご意見の背景には、複数のジャンルにまたがる問題を含んでいるものも多数あります。しかし、ご意見のジャンル分けは、関心をお持ちの内容を素早く見つけていただくために必要なものであると考えています。また、決してどれか一つのジャンルに問題を限定しようとする意図によるものではないことをご理解ください。

 なお、県民ホットラインでは県からの回答に対するご意見についても随時募集しております。一つのご意見をもとに幅広い分野にわたってアイデアをご提案いただけるよう、積極的なご参加をお待ちしております。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025