• 背景色 
  • 文字サイズ 

服薬中の献血について


 

【提案No.383】 12月19日受付

 

Q.服薬中でも献血できるようにして下さい。

 

 自分はすでに20回以上献血(血小板献血含む)を行ってきました。特に血小板献血を中心にこれからも行おうと思っています。

 ところが、現在服薬中であればできないとのこと。確かにそれはわかりますが、現在の医療技術からすれば服薬している成分等不要なものは取り除いて使用できると思います。このような積極的に献血をしようとしているものに対してご配慮を提案します。

 

 

【回答】 12月28日回答

 

A.献血を希望される方ご自信の健康を考慮し、医師の判断により献血をご遠慮いただいておりますのでご理解いただきますようお願いします。 

 

 献血にご協力いただきありがとうございます。

 献血にご協力いただく際には、「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」に基づき、献血者等の健康を保護するための採血基準が定められています。

 ご提案の服薬者からの献血については、ビタミン剤などのいわゆる「保健薬」の類を内服中の場合であれば特に支障はありません。

 しかし、医師による処方が必要な薬を服用している場合は、治療中であると考えられるため、献血を希望される方ご自身の健康を考慮し、医師の判断により献血をご遠慮いただく場合がありますのでご理解いただきますようお願いします。

 (健康福祉部薬事衛生課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025