• 背景色 
  • 文字サイズ 

宍道湖畔の夕日スポットについて


 

【提案No.374】 12月8日受付

 

Q.夕日スポットの利用についてもっと柔軟に対応していただけませんか?

 

 先日、松江市役所へ行き、宍道湖湖畔で夕方の時間帯に観光客の皆様に、鯛焼と温かい珈琲を販売したいと相談をいたしました。とても親切な対応をしていただきました。

 残念だったのは、夕日スポットは市の管轄外と言われ、国土交通省の事務所へ直接電話したけど駄目だったことです。

週末になると100名近い方が宍道湖の夕日を楽しんでおられます。もっと柔軟に対応していただく為の相談等はどこに言えばよいでしょうか?

 税金で夕日スポットを作りながら、市民が利用したいといっても駄目ではまったく変な話です。

 

 

【回答】 12月9日回答

 

《国土交通省松江国道事務所からの回答》

 

 夕日スポットの利用について説明が不十分であり申しわけありませんでした。

 夕日スポットは宍道湖を背景に嫁が島を望む絶好のロケーションスポットとして、道路・河川・公園を管理する関係機関が調整をして整備しました。

 近年松江商工会議所により、試みとして、松江市の観光振興を目的にオープンカフェの使用申請があり許可をしました。このように年に数回コーヒー等を販売されている例がありますが、不特定多数の皆様を対象とした、一定期間の営利を目的とした利用は、公共的空間の利用を優先する趣旨からお断りしています。

 皆様に利用していただける夕日スポットとして、今後も管理していきますので、ご理解とご協力をいただきますようよろしくお願いします。

(国土交通省中国地方整備局松江国道事務所)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025