• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立こころの医療センターにおける携帯電話の持ち込みについて


 

【提案No.372】12月7日受付

 

Q.県立こころの医療センターへの携帯電話の持ち込みを許可すべきだと思います。

 

 県立こころの医療センターのホームページでは携帯電話は持ち込み禁止になっていますが、心配されるようなプライバシーの問題はあまり起こらないと思います。それより、携帯は外部との唯一の連絡手段であり、メールなどで励まされることも多いのではないかと思います。一般常識的な携帯の使用ルール(他人に迷惑を及ぼさない)さえ守らせれば持ち込みを許可すべきだと思います。ご一考願います。

 

 

【回答】12月16日回答

 

A.平成21年7月から、主治医の許可があれば携帯電話が使用できることにしております。

 

 従来、入院患者さんが病院内で携帯電話を所持・使用することについては、カメラ機能があることから、他の患者さんの人権に配慮するため全面禁止としていました。

 しかし、携帯電話が日常生活に浸透している現在、入院患者さんにとっては社会生活の連続性を遮ることとなることから、主治医の許可があれば携帯電話が使用できることにしております。

 なお、この運用は平成21年7月から実施していますが、ホームページの内容を修正していなかったため、誤った情報が掲載されたままとなっていました。早速ホームページを修正いたしましたので、ご確認いただきますようお願いします。

 また、携帯電話の使用にあたっての留意事項等も定めていますので、併せてご確認ください。

(病院局県立病院課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025