• 背景色 
  • 文字サイズ 

肝炎対策について


 

【提案No.360】11月27日受付

 

Q.肝炎対策基本法の施行を受けて、県はどのように対応する予定ですか?

 

 肝炎対策基本法が1月から施行される予定になりましたが、県としてはどのように対応をする予定なのでしょうか?

 具体的にはどのように患者を支援するのでしょうか?御周知をお願い致します。

 

 

【回答】12月16日回答

 

A.国の指針をふまえ、県としての対策を検討し適切に対応します。

 

 肝炎対策基本法が成立したことにより、肝炎予防及び肝炎医療の推進等について、国が基本指針を策定することになります。

 その指針の内容を踏まえ、県としての対策を検討し適切に対応します。

(健康福祉部薬事衛生課、健康推進課)

 

 

 

【その後の回答】(2012年5月23日回答)

 

 平成24年3月26日に、肝炎ウイルス検査の推進、肝炎医療の推進及び肝炎患者及びその家族への相談支援や情報提供の充実等を基本的な考え方とする「島根県肝炎対策推進基本指針」を策定しました。

 なお、具体的な施策については患者団体も加わった島根県肝炎対策協議会において検討していくこととしており、今年度は、肝炎ウイルス検査委託医療機関の拡充、肝炎患者支援手帳の作成等を行います。

(健康福祉部薬事衛生課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025