• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県のあり方について


 

【提案No.351】 11月24日受付

 

Q.大局的な見地から各種施策を推進してください。

 

 島根県はなにかあると、必ずと言っていいほど鳥取県のそれと比較しがちです。しかし、果たしてそれで安穏としてよいのでしょうか。確かに経済あるいは雇用などは同じように見えますが、もっと独自にアピールすることはあると思います。なにか広島とか岡山とかに最初から負けている、比較はしない、そういうし姿勢しか見えてきません。鳥取は気にせず、もっと大局的な見地から各種施策を推進してください。

 

 

【回答】 12月7日回答

 

 ご意見ありがとうございます。

 県内の各地域は、特色ある資源や独自の産業など、それぞれ異なる特性を持っており、島根の総合的な発展のためには、その個性や特徴に一層磨きをかけ、地域の存在価値や魅力を最大限に活かす取り組みが必要です。

 島根県は平成20年3月に策定した「島根総合発展計画」を、島根の中長期的な展望を示した総合的な戦略プランと位置づけています。その施策の展開に当たっては、地域毎の強みを活かすとともに、広域的な視点での取組が重要であることから、同計画では、県内を東西2つのエリアに分け、中国地方あるいは中四国地方といった広域的な視点から発展の方向を提示しています。

 同計画の目指す「活力あるしまね」の実現のためには、県民の皆様とともに総力を結集して取り組むことが重要ですので、ご理解とご協力をお願いします。

(政策企画局政策企画監室)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025