• 背景色 
  • 文字サイズ 

教職員のいわゆる破り年休、中抜けについて


 

【提案No.347】 11月24日受付

 

Q.教職員のいわゆる破り年休、中抜けのようなことはいずれも禁止されていますか?

 

 教育委員会にお尋ねします。教職員のいわゆる破り年休、中抜けのようなことはいずれも禁止されていますか。インターネットで大阪府の実態を知りましたが、どちらも存在するとのこと。あるとすれば職務専念義務違反あるいは人事院規則等で処分されるべきと考えますが、いかがでしょうか。

 

 

【回答】 12月18日回答

 

A.地方公務員法で規定する職務専念義務に違反し、認められないものと考えます。

 

 年次有給休暇取得の届出をして、休暇を取得しながら、その後休暇の取得届を破棄し、年休を取得しなかったこととする「年休破り」や、勤務時間中に職務を行うべき場所を離れ、職務に従事しない「中抜け」と言われる行為は、地方公務員法で規定する職務専念義務に違反し、認められないものと考えます。

 仮にそのような事実があれば、厳正に対処したいと考えます。

(教育庁総務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025