• 背景色 
  • 文字サイズ 

民謡で隠岐の観光アピールを


 

【提案No.324】11月10日受付

 

Q.民謡で隠岐をアピールして下さい。

 

 今年、松江市から隠岐の島町に仕事の関係で移り住んでいます。布施にはとても素晴らしい山、海があり、夏はとても観光客があります。でも、夏以外はあまり観光客がいなく淋しい町です。

 そこで、島根県の民謡があります。隠岐民謡と安来節のコラボレーションで、島根県をアピールして、都会の人達に観光+民謡をもっと知ってもらいたいです。

 何とかこの提案を実行してもらいたいです。よろしくお願いします。

 

 

【回答】12月18日回答

 

A.地元と連携して民謡をはじめとする郷土芸能を活用した島根のPRを行い、多くの観光客の誘致を図っていきたいと思います。

 

 隠岐には、「どっさり節」「しげさ節」「キンニャモニャ」「隠岐追分」「相撲取節」などよく知られた民謡があります。特に、しげさ節は、北前船の出入が盛んだった頃から長い年月唄い継がれてきた代表的隠岐民謡です。

 県や市町村では、島根の民謡を活用して、にほんばし島根館(外部サイト)の催事や各種イベントの場での披露など、都市圏に向けてのPRに取り組んでいます。本年10月には「東京食肉市場まつり(外部サイト)」において、隠岐民謡や安来節の公演を行い、来場の方に好評をいただきました。

 また、東京には、安来節や隠岐民謡の支部や愛好者会があり、民謡の普及に努めておられます。中でも東京・池袋で開催される「隠岐しげさ節コンクール」は、本年で第13回目となる恒例行事となっています。

 地元においても、隠岐に来られた観光客に唄や踊りを満喫してもらうよう春・秋のイベントでの公演や、宿泊施設での由来の解説や踊り体験などに取り組まれています。

 今後とも、地元と連携して民謡をはじめとする郷土芸能を活用した島根のPRを行い、多くの観光客の誘致を図っていきたいと思います。

(商工労働部観光振興課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025