• 背景色 
  • 文字サイズ 

国道431号線の事故対策について


 

【提案No.313】 10月31日受付

 

Q.松江市本庄町の国道431号で交通事故が繰り返し起こる場所があります。対策をしたらどうでしょうか?

 

10月29日朝、本庄の国道431号で、交通事故がありました。この場所はなぜか繰り返し事故が起こっています。

 道路に引いてある白線の内側にもう一本白い破線を引いてあるのをよく見かけますが、そういう場所では、「ちょっとスピードを控えてみようかな」と感じますので、この場所にも同じようにしてみたらどうでしょうか。

 少しは事故が減るのではないかなと思います。

 

 

【回答】 11月13日回答

 

A.ご意見を参考にし、事故対策を実施します。

 

 このたびは貴重なご意見をいただきありがとうございます。

 ご指摘の箇所は、カーブが連続し、事故も発生している箇所ですので、速度抑制を促す路面標示を設置することにより事故減少に努めたいと考えております。

 今後とも事故減少を目指し安全な道路整備に努めて参ります。

(土木部道路維持課)

 

 

【その後の状況】(2012年3月30日回答)

 

 ご意見をいただいた平成21年10月29日朝の事故は、松江市上本庄町の山崎入口バス停付近で発生したものですが、現地は4車線化の工事が完成し、カーブの状況も改善しました。 

(土木部道路維持課)

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年11月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025