• 背景色 
  • 文字サイズ 

街灯と歩道の整備について


 

【提案No.33】 4月27日受付

 

 西平田町から十六島及び河下へ通ずる道路は、小学生・中学生・高校生の通学路となっており、暗くなってからも子どもたちが通っていますが、以前から街灯がないことに疑問を感じておりました。

 近年は、子どもの事件も多く、また気候が良くなると車に尾行されて声をかけられたり、車に連れ込まれそうになったりする事件も発生したりしています。街灯があることによって少しでも子どもたちが安全に通学できるようにしてやれないものかと思います。また、平田町から口宇賀までは歩道も狭く車走行用道路となっており、自転車などは夜間見えにくい上道路幅も狭いため危険です。数年前道路工事をしておられててっきり歩道拡張かと喜びましたが残念ながら車道でした。自転車用道路があれば良いですがせめて歩道部分がもう少しあればと感じます。

 

 

【回答】 5月29日回答

 

〈歩道整備に関する回答〉

 

 平田町から口宇賀の間の歩道については平成21年度に一部工事を行う予定です。用地買収など出雲市とも調整し整備を進めていきます。

(土木部道路維持課・道路建設課)

 

〈街灯整備に関する出雲市からの回答〉

 

 本市で実施している蛍光灯による防犯灯の整備についてお答えします。

 現在、出雲市では、小中学校の通学路および住民の生活道路において、夜間の安全性の確保を図り、犯罪被害を未然に防止するため防犯灯の設置を進めています。 近くに民家や明かりのない通学路には市が防犯灯を設置し、町内会等が設置する防犯灯には市が設置費を補助しています。 小中学校の通学路であれば、おおむね100メートル以内に、街路灯や家及び公衆電話等の照明設備がなく、防犯上必要な場所を対象としています。毎年各小中学校からの設置要望を受け、それを市で審査した上で、必要と認められる場所で優先度の高い場所から、蛍光灯による防犯灯を順次設置しています。

(出雲市役所地域振興部交通政策課)

 

 

【その後の状況】(2011年6月24日回答)

 

 ご指摘をいただきました平田町から口宇賀の間の歩道整備については、出雲市西郷町(県道十六島直江停車場線と県道鰐淵寺線交点)〜口宇賀町の間約1,600mについて、平成21年度末から順次歩道設置工事を行っております。

 早期事業完成に努めてまいりますので引き続きご理解ご協力をお願い致します。

(土木部道路維持課・道路建設課)

 

 

【その後の状況】(2013年1月31日回答)

 

 ご指摘をいただきました出雲市西郷町(県道十六島直江停車場線と県道鰐淵寺線交点)〜口宇賀町の間約1,600mの歩道整備につきましては、平成21年度末から口宇賀町側から順次歩道設置工事を行い、平成23年度までに1,140mの供用を開始しました。

 残る西郷町側460mについても、引き続き工事を進め、平成25年度に完成する予定です。

 工事中は通行規制などでご迷惑をお掛けしますが、早期完成に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

(土木部道路建設課)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年5月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025