• 背景色 
  • 文字サイズ 

許認可事務について


 

【提案No.357】 12月25日受付

 

Q:許認可事務が遅延しないようにしてください。 

 

 松江の中古パソコン店は、買取業務を11月から開始予定と聞いていたのに、県の認可がなかなか下りず、ついに年を越えることになりそうとの話でした。遅延理由はわかりませんが、全国的な書籍で、行政の許認可事務の遅延が民間人へ多大な損害をもたらしている事情を読んだことがあり、もし改善の余地があるなら真剣に改善いただきたいと切望します。

 

 

【回答】 1月7日回答

 

A: 島根県公安委員会では、行政手続法に基づき審査期間を40日以内としており、県民の皆様に負担がかからないよう手続を行っていますのでご理解をお願いします。

 

 古物商の営業について許可制度をとっているのは、盗品等の売買の防止、盗品等の流通の抑止と被害品のすみやかな回復による被害者の保護という公共の福祉上の目的から、欠格事由を設け、営業の自由を制限するためです。

 警察署に古物営業許可申請があれば、警察署は、この欠格事項の有無等の調査などを行う必要があります。この審査に一定の期間が必要ですが、島根県公安委員会においては行政手続法に基づき、申請から許可、不許可の通知をするまでの審査期間を40日以内としており、県民の皆様に負担がかからないよう手続を行っておりますのでご理解をお願いします。

(警察本部生活安全企画課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025