• 背景色 
  • 文字サイズ 

公費のムダ使いの禁止について


 

【提案No.296】 10月30日受付

 

Q:飲食費には公費を使わないでください。 

 

 いかなる飲食でも、公費を使わず全額本人負担にすべきです。公費負担は最大番茶または水とすべきです。

 国も地方も予算が無く、ムダ使いをなくす事が必要ですが、いまだに飲食費の一部に公費が使われています。

 以前は食糧費なるものが公然と項目に上っておりましたが、今でもなお一部では使われているようです。いかなる理由があろうとも、飲食は全額本人負担にすべきです。

 

 

【回答】 12月2日回答

 

A: 食糧費の支出に当たっては必要最小限度の執行に努めます。

 

 飲食等を伴う懇談会の開催に当たっては、その必要性及び内容を十分検討した上で行っています。また、意見交換や情報交換の場として実施する場合においても、社会通念上の儀礼の範囲を逸脱しないよう必要最小限のものとしています。

 今後とも行政事務を遂行する上で食糧費の支出が必要な場合は、その内容を十分検討し、必要最小限度の執行に努めますのでご理解をお願いします。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025