• 背景色 
  • 文字サイズ 

松江市袖師交差点のゼブラゾーンについて


 

【提案No.212】 9月8日受付

 

Q: 松江市袖師交差点のゼブラゾーンは渋滞緩和と事故防止のために止めるか幅を狭くした方が良いのではないでしょうか。 

 

松江市袖師町の国道9号の袖師交差点は、交差点が改良され、以前に比べると渋滞がかなり緩和されています。

 宍道湖大橋方面からの右折レーンは2車線に拡張されましたが、美術館前の交差点付近の右折レーンの右側車線には、白のゼブラゾーンがあり、これを避けて停車する車のために、右折レーンの左側車線が空いているにもかかわらずこの車線に入れないことがよくあります。(山陰道方面に向かう車が多いため、右側車線の方が混んでいる。) また、ここで止まっている車を避けて右折レーンの左側車線に入るために、直進車線の車と接触しそうになる車も見ます。

 このゼブラゾーンは、美術館前の交差点の右折レーンで美術館へ右折せずに直進することを防止するために設けられているものと思いますが、渋滞緩和と事故防止のために、美術館前の交差点の右折レーンには美術館への右折専用であることを明記した上で、このゼブラゾーンを止めるか幅を狭くした方が良いのではないでしょうか。

 

【回答】 9月17日回答

 

A: ご意見に基づく対策を早急に実施します。

 

貴重なご意見をいただきありがとうございました。

ご指摘の箇所の調査を行い、下記のとおり対応することにしました。

・国道9号側のゼブラ帯を消去することで、国道9号への右折車線が2車線確保できスムーズな交通環境の実現が可能と考えられますので、ゼブラ帯を消去します。

・美術館への右折車線の明示については、美術館の駐車場への案内と勘違いされるおそれがありますので、美術館方面への案内表示は行いませんが、代わりに国道9号方面の路面標示を行います。

 

今後もわかりやすい道路の整備に努めて参りますので、お気づきの点がありましたら、ご連絡をいただきますようお願いたします。

(土木部道路維持課)

 

図面はこちら(図面はword文書で作成しています。ファイルサイズ:746KB)

 

 

【その後の状況】 (2009年4月24日)

 

 ご意見をいただいた箇所については、平成21年3月に工事を完了しました。

(土木部道路維持課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年9月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025