• 背景色 
  • 文字サイズ 

農林業に使用するガソリン等について


 

【提案No.191】 8月20日受付

 

Q:農林業に使用するガソリン等の免税をしてほしい。また、農業用の軽油には免税処置がありますが、簡単にできませんか。

 

 農林業に使用するガソリン等(混合油も含めて)について、免税(道路税)処置をしてほしい。

 草刈機、小型管理機、チェンソーは、ガソリン等を使用しています。これらを使って行う作業はたくさんあります。農林業に使用するガソリン等の免税をしてもらいたい。

 農業用に使用する軽油には免税の処置がありますが、その申請には時間がかかるし、手数料も高い。町村で簡単にできないか。

 

 

【回答】 9月3日回答

 

A:ガソリンは、揮発油税と地方道路税が課税されていますが、いずれも国税ですので県が免税措置することはできません。 軽油の免税手続きは、市町村窓口での取り扱いはできませんが、新規の場合を除き、郵送による取扱いが可能ですのでご利用ください。

 

 ガソリンは、精油所から出荷される時点で揮発油税と地方道路税が課税されていますが、いずれも国税ですので県が免税措置を講じることはできません。

 軽油には、県税である軽油引取税が課税されていますが、例えば、農業を営む方が農業用機械の動力源に軽油を使用される場合など、政策的に法律で定められた用途について、一定の手続きを踏むことによって免税されます。

 具体的な手続きとしては、有効期間が2年間の免税軽油使用者証の申請と、農業の場合は有効期間が1年間の免税証の申請がありますが、新規に申請して頂く場合を除き、郵送による取扱いが可能となっていますのでご利用ください。

 また、免税軽油使用者証を発行する際に、手数料として420円分の島根県収入証紙が必要となりますが、これは免税軽油使用者という特定の方のための事務に要する経費として定められたものですので、その主旨をご理解頂きますようお願いいたします。発行にあたっては、今後も迅速な処理に努めてまいります。

 なお、軽油引取税は県の税金であり、市町村には課税を免除する権限がありませんので、市町村窓口での取扱いは困難であることをご了承ください。

 

 

【お問い合わせ先・郵送先】

 

■東部県民センター

  〒690-8551 松江市東津田町1741-1 松江合同庁舎内

  東部県民センター 個人・軽油グループ 

  TEL:0852-32-5623

 

■西部県民センター

  〒697-0041 島根県浜田市片庭町254 浜田合同庁舎

  西部県民センター 課税第1グループ

  TEL:0855-29-5519

(総務部税務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025