• 背景色 
  • 文字サイズ 

益田川ダム管理道の草刈りについて


 

【提案】8月11日受付

 

 Q:

 益田ダムの管理道路に草が生い茂っているので、草を刈って欲しい。

 

 益田市美都町仙道地内に、益田ダムを管理するための幅2メートル〜2.5メートル位の管理道路がある。せいじ橋より上流に向かって約1.5キロメートル間は雑草が生い茂り道路の3分の1を塞いでいる。雑草は通行車両の側面に当たり、乗用車などに傷が付く恐れが十分あるので、減速し徐行して走らなければならない。今は、減速して何とか通行ができるが、このまま放置していると道路を完全に塞ぎ通行不能となる。

 通行してもよいのなら、雑草の刈り取りをして欲しい。あるいは、通行がいけないのなら通行止めの措置をして欲しい。

【回答】8月21日回答【益田市からの回答】

 

 A:益田市では、年1回の割合で除草を行っていますが、今後も草の伸び具合などを適正に判断して、通行の支障にならないように努めていきます。

 

 益田川ダム管理道は平成18年6月に約7,300mを島根県から引き継ぎを受け、3本の市道として益田市で維持管理を行っています。道路の除草は通行車両の安全を確保する上では、重要な作業であると考えています。

 さて、益田市では平成19年度からこのダム管理道を業者に委託を行い年1回の割合で除草を行っており、平成19年度は、一部(益田川治水ダムの竣工式を10月に開催する区間は9月末に実施)を除いて7月末には完了しました。

今年度も委託契約の実施期限は9月末としており、ご意見をいただいた道路の区間を含めて8月18日に完了しました。刈り取った草は乾燥を待って早急に片付ける予定となっております。

 市道除草は財政難の中、原則年1回しか行うことができないため、除草する適時の判断に苦慮しているところですが、今後も草の延び具合などを適正に判断して、通行の支障にならないように努めていきます。

 

(益田市美都総合支所建設課)

 

 


2008年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025