• 背景色 
  • 文字サイズ 

単車通行帯(道路)の整備について


 

【提案No.180】 8月11日受付

 

 Q: 道路に単車通行帯を整備してください。

 

 私は、単車(原付)愛好家の一人です。出雲地区には単車通行帯がほとんどないことに困っています。

 原油価格の高騰、CO2の排出削減など、車を自粛するメリットがあるのは言うまでもありません。しかし、安全面から現在の道路事情ではとてもお勧めできません。

 以前、関西方面に居住していた折、ほとんどの道路に車道脇1〜1.5メートル程度の単車帯があったように記憶しています。

 出雲地方の歩道はよく整備されてきました。私は、よく自転車も使用します。しかし、自転車では行動にも限界があります。

 具体的には、神戸橋と古志橋の検討をお願いします。

 

 

 

【回答】 8月21日回答

 

 A: ご意見のあった古志橋と神戸橋は橋梁部であり、駐停車禁止であるため車両停車帯を設けておりません。こうしたことなどから、狭く感じられると思いますが、ご理解いただきますようお願いします。 

 

 道路交通法では、原動機付き自転車は原則、車道を走行することになっておりますので、安全を確認の上、車道での走行をお願いします。

 一般的な道路には車道の脇に1.0m程度の路肩が設けられており、原動機付き自転車はその部分も使って走行することが多いと思われます。また、都会の市街地においては車両停車帯として幅の広い2.0m程度の路肩を設けているところもあり、結果的には単車の通行に利用されている所もあるかと思います。

 今回ご意見のあった古志橋と神戸橋は橋梁部であり、駐停車禁止であるため車両停車帯を設けておりません。さらに、歩道と車道を分離する防護柵が設置されているため、他の区間より狭く感じられるものと思いますが、ご理解いただき安全な走行にご協力いただきますようお願いします。

 

(土木部道路維持課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025