• 背景色 
  • 文字サイズ 

原油高騰による農林水産業への支援について


 

【提案No.134】 7月10日受付

 

Q:原油高騰のため困窮する農林水産業者に対して、早急に支援をしていただきたい。 

 

 島根県は、燃油や物資の高騰につき、困窮する県内の農林水産事業者に対して、対策を立て、早急に実施いただきたい。

 溝口知事の手腕、県の存在意義にかけても、必ず実施いただきたい。国の対応も遅く、もう待てない。

 この数ヶ月に、県内の農林水産業の存亡がかかっております。

 

 

【回答】 8月4日回答

 

A: 県では、平成20年度から、施設園芸や漁業に対する支援を行っています。また、今後の国の動向を見ながら、さらに必要な対策を検討していきます。

 

 ご指摘のように、原油価格の高騰は、農林水産業に深刻な影響をもたらし、このままでは島根の第一次産業の維持・継続は厳しいと認識しています。

 こうしたことから、県では6月に国に対して、農林水産業経営の安定化のための対策や、原油価格高騰を沈静化させるよう国際社会へ働きかけることなどを求める要望活動を行ったところであり、今後も引き続き積極的に働きかけていきたいと考えています。

 また、県としても、平成20年度から、施設園芸における省エネルギー効果の高い資材・機器の導入支援、漁業における燃油の節約のための船底清掃などに対する助成や、燃費効率の良い4サイクル船外機の導入支援、借入資金の償還期間延長の支援などを実施しており、これらの支援策を活用していただきたいと考えています。また、今後の国の動向を見ながら、さらに必要な対策を検討していきます。

(農林水産部農林水産総務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025