• 背景色 
  • 文字サイズ 

太陽光発電について


 

【提案】6月26日受付

 

Q:企業と連携して宍道湖北部に太陽光発電所を設置してはどうでしょうか。

 

 地球温暖化の対策の一つに、太陽光発電があります。

 島根県内にも雲南市に三洋電機の太陽光発電関連製品の生産拠点があります。

 県内には宍道湖の北側など、日当りも良く太陽光発電に適した地域があります。

 島根県におかれましても、中国電力や三洋電機などと連携して、宍道湖北部に太陽光発電所を設置してはどうでしょうか。

 大阪府堺市には、関西電力とシャープによる太陽光発電所ができるそうです。

 また、県民が自宅に太陽光発電システムを導入する際、県から地球温暖化対策協力金を支給してはどうでしょうか。

 これらの原資は、原発関連の交付金や寄附金を充当します。

 

 

【回答】7月3日回答

 

 A:太陽光発電所を設置することについては、現時点においては困難ですが、太陽光発電については、今後も普及啓発を行い、導入を一層進めます。

 

 太陽光発電について、深い関心をお寄せいただきありがとうございます。

 ご提案のありました民間企業と島根県が連携して太陽光発電所を設置することについては、多額の費用が見込まれることなどから、現時点においては困難ですが、新エネルギーの導入や地球温暖化対策を進める上で貴重なご意見として参考とさせていただきます。

 また、自宅に太陽光発電を設置する際に地球温暖化対策協力金を支給してはどうかとのご提案については、現在、国において住宅用太陽光発電に対する補助金制度が検討されていますので、その動きを見守っていきます。

 なお、太陽光発電については、今後も国などの助成制度の紹介や収支シミュレーションなどの情報提供により普及啓発を行い、導入を一層進めます。

(地域振興部土地資源対策課)

 

【その後の状況】平成21年3月2日

 

 太陽光発電システムを導入する際に、県から地球温暖化対策協力金を支給してはどうかとのご提案については、国において、平成21年1月から住宅用太陽光発電に対する補助制度が創設され、出力1kWあたり7万円の補助金が交付されることとなりました。

 今後とも、国などの動向を注視しながら、情報提供などを充実させていきたいと考えています。

(地域振興部土地資源対策課)

 


2008年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025