• 背景色 
  • 文字サイズ 

元幹部職員の再就職について


 

【提案】 6月16日受付

 

 Q: 県の元幹部職員の再就職先について斡旋する必要はないのではないか。

 

 県主導による元幹部職員の天下り再就職先などの内容が公表されているが、県出資の外部団体などへの再就職は相変わらず。再就職を本人が希望するのであれば、ハローワークを通して就職すればよい。県がなぜ斡旋するのか?

 県の人事課が退職幹部への再就職先まで世話をする必要はない。内部の事よりも、もっと県民に心配りをお願いしたい。  

 

 

【回答】 6月24日回答

 

 A: 各種団体などからの要請があった場合に限り、退職者を紹介しています。

 

 島根県では、いわゆる「官製談合」を防止する観点から、「島根県職員の再就職に関する指針」を定め、営利企業・各種団体などに対する退職者の紹介については、公正性・透明性を確保するために人事課で一元的に行っています。

 ただし、その紹介は、あくまで各種団体などから要請があった場合に限って行っており、その必要性を十分検討した上で最小限にすることとしています。

 

(総務部人事課)

 

 

 


2008年6月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025