• 背景色 
  • 文字サイズ 

県内の格差と益田市の状況について


 

【提案】6月11日受付

 

先日、公用で松江市まで出張しました。

出雲市から松江市にかけての街並みをみてたいへん驚きました。

なぜ、東部はここまで整備されるのか、中部、西部とここまで格差があっていいものなのか、知事は益田市の出身と聞いております。

益田市の企業が次々と倒産し失業者が溢れている状態をご存知ですか。

もし、ご存知であるならこのまま益田市を倒産させるおつもりですか。

早急になんらかの対応をしていただくことをお願いします。

 

 

【回答】6月18日回答

 

 県では、このたび、目指すべき将来像を「豊かな自然、文化、歴史の中で、県民誰もが誇りと自信を持てる、活力ある島根」とした、「島根総合発展計画」を決定しました。

 「発展」という言葉が示すとおり、「活力ある島根」を築くことを目標とし、産業の振興、地域経済の発展を目指して、具体的な方策を掲げるとともに、数値目標を設定しています。

 また、各地域の個性や特徴に一層磨きをかけ、地域の存在価値や魅力を最大限に活かした取組が必要なことから、東西エリア別及び7つの広域市町村圏別の発展の方向(外部サイト)(※)を示しています。

 施策の展開にあたっては、地域毎の強みを活かすとともに広域的な視点を持ち、県民の総力を結集して「活力ある島根」を目指します。

 

 ※益田圏域の発展の方向はP57〜P59をご覧ください

(政策企画局政策企画監室)

 

 中小企業を取り巻く経営環境は、原油や原材料価格の高騰に加え、個人消費や住宅着工が低迷し公共工事も減少するなど厳しい現状にあります。

 県としては、このような状況を十分認識し、中小企業の経営改善や事業の安定化に向けた取組を行っています。

 特に、企業の特色ある技術・材料を活かした取組の推進や経営安定化の支援、商業の振興などの施策を積極的に展開し、中小企業の振興に努めていきます。

(商工労働部中小企業課)

 

 公共事業削減の影響から厳しい経営環境にある建設産業においては、経営の合理化や多角化、新分野への進出などによる経営の革新が求められています。

 県としては、建設産業が行う新分野進出するための調査研究・初期投資・事業拡張や地域課題に対応した新たな事業化の取組みを支援してまいります。

 (土木部土木総務課建設産業対策室)

 


2008年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025