• 背景色 
  • 文字サイズ 

犬やねこの処分について


 

【提案】5月26日受付

 

 犬や猫が処分される数が年間相当数あるそうですが、処分費用を避妊手術の助成に当てることはできませんか。

 

 

【回答】6月5日回答

 

 A:処分費用(犬やねこの引取手数料)については、引き取った動物の保管、処分費用にかかる費用の一部を受益者負担としてお願いしているものです。

 

 不妊・去勢手術などの繁殖制限は、飼い主の責務として実施していただくべき事柄であり、県としては、繁殖制限の必要性を犬やねこの飼い主の方に十分ご理解いただくことが重要であると考えています。

 県では、これまでも、最後まで責任を持って飼うことや繁殖制限の実施など飼い主の責務についての普及啓発や、保健所に子犬、子ねこの引き取りを求める飼い主に対する繁殖制限の指導などを実施しており、犬、ねこの引取り数は年々減少しています。今後も、あらゆる機会、手段を利用して積極的に普及啓発を行っていきます。

 処分費用を避妊手術の助成に充ててはとのご意見については、「処分費用」(犬やねこの引取手数料)は、引き取った動物の保管、処分にかかる経費の一部を受益者負担として徴収しているものであり、避妊手術の助成に充てることは困難ですのでご理解をお願いします。

 

※犬・ねこの引取り数などについての統計

(健康福祉部薬事衛生課)

 


2008年6月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025