• 背景色 
  • 文字サイズ 

日々雇用職員について


 

【提案】 5月23日受付

 

Q: 日々雇用職員は、本当に必要な日だけ来てもらえばよいと思います。 

 

 忙しい期間に日々雇用として来ている場合がありますが、毎日来る必要があるのでしょうか。

 忙しい日というのが週あるいは月単位でわかると思いますので、シフトまではいかなくても本当に必要な日だけ来てもらえばいいのではないでしょうか。

 臨時職員の採用人数が減少しているのが無意味に思えます。なによりも人件費が減少するのではないでしょうか。

 また、働く気があるのに臨時職員の登録で残念ながら不合格になった人などを雇用されるのもいいかと思います。

 

 

【回答】 6月4日回答

 

A: 日々雇用職員の採用は、業務の必要性に応じて行っています。

 

 日々雇用職員は、業務が集中する時期や非常勤的業務が発生した場合など、必要に応じて各所属において適宜採用することとしています。

 時期や業務によっては、継続的に雇用する場合もありますが、あくまで必要最小限の雇用に努めています。

 なお、日々雇用職員は必要となった時点で各所属がアルバイト雇用するものであり、広域に一元的管理をしている臨時的職員名簿登録試験の受験の有無・合否に関わらず人選しています。

(人事課)

 

 

 


2008年5月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025