• 背景色 
  • 文字サイズ 

県職員のボーナスについて


 

【提案】 12月17日受付

 

  Q: 県職員のボーナスは高いので、一般県民の目線で行政運営に取り組んで欲しい。

 

 島根県では、1兆円を超える財政赤字を抱え、県民には財政事情が厳しい厳しいと言っておきながら、平均80万円以上の県職員のボーナス支給がありました。

 民間企業では、倒産しそうな経営状況のもとではありえないことです。

 疲弊する山陰経済の状況下、一般県民の目線で行政の運営をしていただきたい。

 

 

【回答】 1月22日回答

 

 A: 現在、給与・ボーナスのカットや定員削減などにより、総人件費の抑制に取り組んでいます。今後も「財政健全化基本方針」に基づき、引き続き行財政改革に取り組んでまいります。

 

 島根県では、大変厳しい財政状況を踏まえ、これまでも全国的に最も厳しい給与・ボーナスのカットや定員削減をはじめとする総人件費の抑制や組織・事務事業の見直しなど、国や他県に先駆けた行財政改革に全力で取り組んでいます。

 職員のボーナスについては、人事委員会が毎年行う給与勧告(民間実績を調査の上、国や他の都道府県の職員との均衡を考慮し、民間ボーナスの支給実績を反映)を受けて、支給月数を改定する仕組みとなっています。

 今年度は、この勧告を受けて支給月数を引き下げたところです。

 平成19年10月31日に策定した「財政健全化基本方針」に基づき、今後も給与・ボーナスのカットや定員削減を行い、総人件費の抑制など徹底した経費削減に努め、引き続き行財政改革に取り組んでいきます。

(総務部人事課)

 

 

 


2008年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025