• 背景色 
  • 文字サイズ 

県民ホットライン(知事への提案)について


 

【提案】 10月16日受付

 

Q: 知事へ提案できる用紙を作り、県の機関に置いたらどうでしょうか。

 

   フォトしまねの県民ホットライン(知事への提案)は、各戸に毎号一部しか配布されない。一回その用紙を利用してしまうと次号まで新たな提案があっても提案することができない。(FAXも利用できるが全戸で利用できるわけではないし、Eメールもしかりである)。そこで以下の様にすることを提案します。

   先日、斐川町の町立図書館に行ったら、町長への手紙〜あなたの声を町長に〜というA4サイズの封筒付の用紙が置いてあった。県もこのような用紙を作り、県の主要機関や公共施設(例 各市の合庁、県立図書館、県民会館、グラントワ、歴史博物館、アクアス、ゴビウス、サヒメル etc.)に置いたらどうだろうか。また、市町村役場の窓口スタンド(チラシ台)や公共図書館にも置いてあればなお良い。また大型スーパーにも置いてもらえればもっと良いと思う。

   このように各地に提案用紙を配置してもらえれば、いつでも気がついた時に、気軽に提案をすることができるし、もっといい提案をすることができるようになると思う。県の担当者の回答にかかる労力は増えるかもしれないが、昨今の県職員に対する県民の目線を考えれば、たくさんの提案に、できることもできないことも、真摯に応える努力は必要と思う。

 

 

【回答】 10月17日回答

 

 対応: 封筒付きのA4サイズのチラシを作成し、6月から、県本庁舎の県民室、県合同庁舎の県政情報コーナーなどに設置しています。

 

   県では、県民の皆様の意見を反映した県政運営を行うため、県政に対するご意見・ご提案を受け付け回答する「県民ホットライン」を今年5月から実施しています。

   この制度を広く県民の方々にPRし、多くのご意見をいただくため、ご提案いただきましたように、封筒付きのA4サイズのチラシを作成し、6月から、県本庁舎の県民室、県合同庁舎の県政情報コーナーなどに設置しています。

   今後も皆様からのご意見・ご提案をお待ちしています。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 


2007年10月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025